スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デカイ桜を見に行ってみた。 

先日。
奈良最古とかいう桜を見に行ってきましたよ。
巨木伝説ですよ。これまさに。
佛隆寺ってお寺の桜なんですけどね。



場所も場所なのでわりかし朝早くから出発
「行きの電車は長距離だし、寝よっと
とか思ってたら、通勤の時間帯だったという罠
普段こういう時間帯の電車には乗らないのですっかり忘れてました。
それを痛感したのは近鉄奈良行きのホーム。



人多すぎ・・・・。


なんだこの人込み
右側向いて並んでいる人々は全て同じ電車になる人々ですよ。
熾烈! あまりに熾烈!
諦めてむぎゅーってなりながら乗りました
つか、これに乗らないと今後の予定が危険なほどに狂っていくわけですよ



途中からは空いたものの、うげーってなりながら到着したのは宇陀市の榛原駅。
ここからバスに乗ってまずは15分ほど。
ちなみにこのバス、基本は1時間に一本
下手すると普通に2時間くらい来なかったり
だもんで、電車に乗り遅れたくなかった流れ。



バスに乗り込むのは、リュックにトレッキングシューズにと明らかに本気の皆様。
老後の趣味的な雰囲気で年齢層も高いです。
どうも我々は浮いている感じ。
「山奥の桜を見に行く」という楽しみは、あまり私たちの世代には浸透していない模様。




山深いです


道中。山深いです。
道幅も広くありません。普通車がギリギリ行交える程度。
宇陀市にはいくつか有名な巨木級の桜があるんですが、
佛隆寺の桜だけは大型バスが現地まで辿り着けないので
観光ツアーなどが企画されないんですねえ
だから「最古」なのに若干マイナーだったりするという。




古い民家


途中見かけた、古い民家。きっと現役。
菜の花と桜がとてもキレイです





だいぶ登ってきたのに・・・・。


にしても奥地。
最初は平坦だったのに後になるほどグングン登る体に
予定ではバス停から徒歩20分。
ふらふらと写真を撮ったり景色みたりしてたので時間はかかるとはいえ、若干「まだか」と不安に。
が、実はこの時点で佛隆寺の桜が映ってました
画像右下の山間に小さく見えるアレです。






ということでようやく到着。
全景。大きいので距離をとって撮影。



佛隆寺の桜


デカイ。
足元に立つ人と比較してこのサイズ。
すごい枝ぶり。樹齢900年らしいです。
当日はまさに満開でした。
つか、ネットで確認して日程を合わせましたからね。
他の地域の桜に比べてかなり遅咲きです。山間にあるせいでしょうか。
ちなみに桜の咲く山の頂上には佛隆寺があるんですが見えませんね。
大桜のほかにも、お寺までの石段を挟むように桜が咲いています。



こんな風に。



桜の石段


下りに向かって撮った写真です。
石段脇の桜の枝がかなり張り出してきてます。
感じとしては、枝を避けて少し屈みながら上り下り。
とても風情があって良いです。
奈良の三大石段らしいですよ。
つか、そんなのあるんですな。



お地蔵様


石段を登り始める入り口に立つお地蔵様
とても優しい表情だったので一枚。




とまあ、そんな佛隆寺の桜
場所が場所なので見に行くのはちょっと大変ですが、行く価値はありますね。
クルマで行くことも可能ですが、徒歩が無難。
駐車場もあるにはありますが、8台程度しか止められない大きさ。
すぐに一杯になって路上駐車が続出で見苦しいです
本当にクルマでしか見に来れない方の為にも歩けるなら歩きで。
タクシーもいいかもですね。若干高くつきますが。



ちなみに帰りは鶴橋で焼肉食べて帰りました。
焼肉パラダイス鶴橋。美味し


焼肉!


そんな感じ。 拍手する
[2006/04/22 11:41] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jirai.blog62.fc2.com/tb.php/58-5680e9cc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。