スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AVALAM BITAKAのルール和訳 

AVALAM BITAKA


ゲームの準備。
AVALAM BITAKAをプレイするにあたって、ボードに黒白48個の駒を図のよ
うに並べます。中央のマスだけは何もおかないようにします。

ルール
まずは自分の担当する色を決めましょう。
ゲームの目的。1~5Fまでの最大階数までタワーを立てるなどして、最上階が自分の担当色であることです。(5階までしか積み上げることはできません。)
駒一つがポンと置かれていてもそれはタワーと見なします。


移動の仕方。
縦横斜め、自由に駒を動かすことが出来ます。
何階建てのタワーでも、自他の色を問わず動かすことが出来ます。
タワーを新たに高くする場合は、既に置かれている駒に対して、取り上げた全ての駒を重ねることによって為します。
タワーの一部分だけを取って他に重ねたりすることは許されません。
また、周囲に駒がない塔に関してはもう移動することが出来ません。

ゲームの終了。
このようにしてゲームを続けていき、もうどうにも動かせなくなった時、ゲームは終了します。
タワーの頂上の色を見て、それぞれが支配するタワーをカウントしましょう。
(注:タワーの高さに優劣はありません。)
自分の色が頂上に多くあるプレイヤーがゲームの勝利者です。

ヴァリアントルールとして。
駒の初期配置をなくし、各自がそれぞれ自分の駒を持ち、交互に配置して
いくというやり方です。もちろん49番目のマスは空白地になります。 拍手する
[2007/11/20 15:43] 周知 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jirai.blog62.fc2.com/tb.php/162-d7cf6fb0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。