スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポルトガル③ 

そんなこんなでポルトガル3回目。
まだまだ続く予定。それだけの魅力のある国です。


列車


列車。
に乗って一路、首都リスボンへ・・・・、
行ってもよかったんですがちょっと寄り道。
リスボンのちょっとだけ手前のセトゥーバルという街へ。
特に目立った観光地でもないんですが、
ここにはポサーダがあるんです。



部屋の1F


ポサーダというのはポルトガル国営の宿泊施設。
その大半が歴史的建築物を改築して宿に仕立ててます。
特に高価ということでもなく、適価で非日常、みたいな感じ。
泊まった部屋は言語の壁で、一つ下のクラスの部屋でしたが、
持て余すよりも・・・・でした。
通された部屋はメゾネットタイプの部屋。
画像はその1F。
木製の螺旋階段を登ると・・・


部屋の2F


こんなお部屋が2Fです。
しかもこの2Fにはベランダがあります。
窓から直接外に出ることが可能。
ということで出てみました。


ベランダのある部屋


ここで酒飲んだりするのもよさげですなー。
つか酒飲みましたが。
飲まないわけにはいかんでしょうという
問答無用な爽快感。いい部屋ですね、かなり。

眺望


眺めもそりゃあ、結構なものです。
元々このポサーダの建物は海軍基地として使われていたとか。
眼下には街が一望って感じですが。
ちょっとえらくなった気分ですが。
実際は下っ端であることに留意。
気が大きくなり過ぎないように注意。


給仕を受けて食事。


んで、給仕を受けながら食事したり、
この人、やたら白くて鼻高いなあと思ったので一枚。
あと、ボーボーに伸ばすとルパン3世的もみあげになることにも注目。
ナカナカな人物ですよ。


アズレージョの教会


あと、この宿には見所がもう一つあって、
それがこのアズレージョの教会。
普段は保護の関係から中には入れないんですが、
外からガラス越しの撮影はいいっぽいので一枚。
上の方が露光ミスで飛んでますがかなり壮観でした。 拍手する
[2006/12/27 17:14] 漫遊録・ポルトガル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jirai.blog62.fc2.com/tb.php/128-7d627b39






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。