スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

そういや 

過去に遡りながら所感を索引に突っ込んでおきました。
6つくらいかな?
近頃はアレなので忘れてましたねえ。なんともはや。
役に立ってるようには思えませんが念のため。
スポンサーサイト
拍手する
[2006/05/31 08:31] 周知 | TB(0) | CM(3)

ノミネートされた海賊のアレ 

ついにノミネートが発表されましたか。
ちうことで今回は一番情報が薄そうな「海の盗賊(Seerauber)」なんですがね。
ちなみにメーカー作の英語タイトルは「海賊(buccaneer)」。
でも私はゲーム内容から以下のようなタイトルを主張したい!
つか、海賊っていうタイトルはもう使うな!とメーカーに主張したい!
もうね、多すぎてややこしいんですってば。

ちうことで。毎度のごとくルール和訳の風。大体ですけどね。そりゃね。


”「海賊の分け前(Seerauber)」”


このシリーズ、近頃で言えば「盗賊騎士」あたりのオモシロが記憶に新しかったりするわけですが、本作もまずまず遊べる感あり。
とてもシンプルな作りの意思決定モノ。ちょっと記憶要素も絡みつつ。
それを深いと感じるか、簡素と感じるかで好き嫌いは出るかも出ないかも。


まずは箱絵。


箱絵


見るからに海賊がテーマ。
荒くれ者が何やらする風ですが、実はコイツら、かなりに律儀なヤツ揃いです。
続きを読む 拍手する
[2006/05/29 09:59] 所感 | TB(0) | CM(5)

ドイツからの葉書 

毎度獰猛。
ボドゲの神に見放されつつあるbiscoです。
こんにちー。こんにちー。

ちょっと前におのさんところで知ったアバカスの無料プレゼント。
ま、詳しくはリンク先を読んでもらうとして。
以前のハンザの件といい、アバカスはなんて素敵な会社なんだと感激した次第。

んで、申し込んだんですけどね。もちろんのこと。
今、ポスト見たら届いてました。


こんな風。



アバカスイカス。


なんとシャハトのホームページで既に公開されているヤツとは別物。
ニューですよ。ニュー。
ま、たぶんいずれは無料公開されるんでしょうが、ここは素直に感謝。


つかね。
「無料で拡張が届いたこと」よりも
「ドイツからハガキが届いたこと」が、
なんだか嬉しい今日この頃。
切手が貼られて、手書きで宛名が書かれて。
異国の日常を感じると言うかなんというか。

そんだけ。 拍手する
[2006/05/26 17:03] 雑記 | TB(0) | CM(1)

バンリー。バンリー。 

ニュルンベルク2006ってもう三ヶ月前なんですね。
早ッ!
するってえと新作っていうほど新作でもない気がしてきましたが
たぶん日本未導入の新作をば。
あいかわらず、読みようによってはルール和訳の体。


”「万里の長城(Chinesische Mauer)」”


一応もなにも、これ、クニツィア作の小箱カドゲです。
にしても本当に多彩というか多作な人ですな。
例によって見たことあるシステム満載ですが、ゲームそのものはとてもオモシロだったり。
そんな匠の技が感じられる一品。


まずは箱絵。


ゲンナリする箱絵



犬だかなんだかよくわからん感じですがです。ドラゴン。
なんというかこう、見るからに「買う気失せる」というか
「オモシロくなさそう」な箱がアレですが、遊んでみると意外にイケてます。
続きを読む 拍手する
[2006/05/19 14:36] 所感 | TB(1) | CM(2)

鬼門! 

ついに発売されましたねえ。(何が?)
いやあめでたいめでたい。(だから何が?)

ということで今回はコレ。


”「0・8・15(08/15)」”


いつかどこかで見たような数字のみタイトル
あれはどこでしたか、アミーゴでしたか?
そして今回はシュミッド発の本作。

つーか、シュミッドおまえもかっ・・・!!

衝撃的なあんまり感を持つ、ある意味で非常に斬新なシステムには愕然。


参考画像。



続きを読む 拍手する
[2006/05/17 11:46] 所感 | TB(0) | CM(4)

人海戦術でゴー。 

久しぶりにボドゲの紹介。
本当に久しぶりなので、地味にセットアップから紹介してみたり。
ダラーっとした感じの長文ゴー。
ちなみにルール和訳としてもご利用いただけます


”「エミールと探偵たち(Emil und Die Detektive)」”


っていう同タイトルの児童向け冒険小説を元に作られたボドゲ。
結構古い作品で、かつ有名らしいですよ。何度か映画化されてるほどに。
でも私は全く知らず。無念
どんな話か知りたい人はコチラ。映画版の話ですが詳しいです。


ということで、本作。
実は2003年発。なのに話題になっていないのはなぜなのか。
版権あるブツだからでしょうか。
わりかし味わい深いボドゲだというのに。もったいない。



箱絵。



箱絵


本の表紙と同じです。そりゃね。原作モノですからね。
柱影に隠れているのが、我らがエミール&探偵たち。
視線の先にいるのが怪しい山高帽の男。
エミールからお金を盗んだスリなんですがね。
コイツを皆で尾行して、追い詰めて、お手柄! みたいな流れ。

続きを読む 拍手する
[2006/05/12 09:58] 所感 | TB(0) | CM(8)

やれば出来る。 

毎度獰猛。biscoですが。
GW明けでゲンナリな昨今、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はというと、

現在、カルカソンヌ@フランスに居ます。

どうですこの風景。


郊外から見たカルカソンヌ


郊外から遠くに見えるカルカソンヌはまさにボドゲそのままですな。
いやあ、すばらしい。カルカソンヌすばらしい。




続きを読む 拍手する
[2006/05/10 11:06] 雑記 | TB(0) | CM(3)

珈琲店スパニョラ。 

20060504173806
映画見た後になんとなく入ってみた喫茶店。
写真はコーヒーゼリー。
チョコソースで描いてます。 拍手する
[2006/05/04 17:39] モブログ | TB(0) | CM(2)

@梅田。 

20060504122853
「たんや和助」っていうお店で昼食。
上たん焼定食を頂いてます。
牛タン、一品、麦メシ、とろろ、スープ、浅漬け。
〆て1500円也。
拍手する
[2006/05/04 12:30] モブログ | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。